最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

pipy!

Author:pipy!
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格発表

来てしまいました。

運命の日が。

ひとり見に行く勇気がなく、旦那に一緒に行ってとお願いしたものの。

休みが取れず・・・。

私はというと、希望もしていないのに、仕事は休み。

どうしよう。

第一、定員よりはるかに多い出願者数だった今回。
たまたま、帰り一緒になった人と、ついてない年に受けてしまいましたね、
とくらーい会話をしていたっけ。

英語もむずかしかったし、専門科目も大事な大事な視点を入れるのを忘れた。
はっきりいって、穴があったら入りたいのに、見に行くのか?>私
でもね、もんもんとしていても仕方ないし。行くか。

駅から、とぼとぼと歩く。
学校は遠いんだよね。
正面玄関に張り出してあるとか。

あっ、誰かいた。
こんな小さな紙?

受験番号覚えてない。
でも、なっ、なんかうろ覚えの番号と似たような番号が。

どき、どき、どき。

受験票を探して・・・・

えーーーーーー、やっぱり。

合格????

ほんとに????

涙がじわーーーーーー。

やばい、帰りはスクールバスに乗りたいから、そんなことよりバス停に。

で、でも、ほんとか?
と、再び戻ると、もう一人のひとも戻ってくる?

「あ、どうでした?」
「だめでしたー」
「・・・・」

なんてまぬけなんだ、私。

その場にいられず、再びバス停に。
あっ、証拠写真を。

またまた戻って、写メでパチリ。

帰りのバスの中で、少しずつ実感がわいてきた私なのでした。

<< 学位授与試験 | ホーム | 眠れナイト >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。