最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

pipy!

Author:pipy!
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私と英語

英語学習につまづき、またがんばろうと思えるようになったのを機に、原点である英語を好きになった理由について考えてみたいと思います。

出会いは中学の時。英語の先生が熱血教師で、毎日視聴覚教室で単語のテスト三昧。
時々、英語の歌があり、最初の歌で指名されたのが私。
そこで、なんとか無難に歌えてしまったのが運のつき。拍手喝采。先生は満足そうで何やら含みのある顔してた。
それからというもの「歌→私」の方程式ができあがってしまい・・・。でも、当てられるからという恐怖心から、家で英語の歌を何度も練習しました。。。でも、もともと歌が大好きなので、歌えるようになるとうれしくて、だんだん英語が好きになっていった。
中2の時から、高松宮杯英語弁論大会を目指した弁論大会が校内であり、校内で勝ち抜いて大会に出ることに。
そのときは、部活にも行かせて貰えず、毎日先生とネイティブによる放課後の特訓を受けました。

高校でも英語に熱心な先生の指導を受け、英語は自分にとって特別な存在になった。

英語で大学に行くか、中学の頃からの夢だった看護師になるか迷って、結局将来のことを考えて看護師に。

在学中に英検の準1級の一次は合格するものの、二次の面接で不合格続き。
その頃、医学書は翻訳書が多く、それの読みにくさに「なんでみんなこんなにへたな日本語しかかけないの?」と疑問に思い、自分で訳してみよう!と翻訳の道に興味を持つようになった。
3年生の夏休みには渡米し1ヵ月滞在。自分の英語力のなさを痛感したものの、自分の未知の世界がそこにはあった。

就職後、看護大学と大学病院の見学のため渡米。
6年後、離職しワーホリでニュージーランドへ。
最初に行った語学学校では、文法は得意だったけど、アカデミックなIELTSクラスでのライティングは大変でした。
しばらくは、学校→図書館→家の毎日。
その後、日常会話には困らないレベルにはなりました。

帰国後、英検準1級二次に合格。

再就職後も夜10時過ぎからマクドで勉強したり、図書館で勉強するのが常でした。
その頃から、バベル翻訳学院で通信教育を受けるようになり、2年間、基礎科と本科で勉強。
結婚後、医薬翻訳の勉強に切り替えました。
3年後ぐらいに初仕事。子供が小さかったから大変だったけど、原稿用紙20枚を夜中の3時まで何日もかかって仕上げた記憶があります。
翻訳者はいうなれば黒子で、体力がないと勤まらない仕事だと痛感。

子供が入院中も納期に間に合わせるため、病院のベッドで仕事したこともありました。
でも、その頃は専業主婦だったのでなんとか勤まったのでした。
看護師に復職し、3人目を出産後、日々の雑務に押しつぶされそうになり、仕事はとても請けれない状況に。
なんとか勉強だけは続け、英和だけじゃなく、なり手のない和英を武器とするため、今年の夏から英訳講座を受けています。

なんか、忙しいくせによくばりな私ですが、一番下がもう少し手がかからなくなったら、もっと仕事ができるようになりたい。そのために、超朝型シフトにし、朝翻訳の仕事、その後出勤というふうにできないものかと思案中。

今年1年自分なりに頑張って目標を達成できました。
来年は、使える英語を目指し、さらにステップアップしたいと思います。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。