最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

pipy!

Author:pipy!
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学位取得&大学院合格までの振り返り その1

せっかくなので、この1年半?にわたる、大学院入試大作戦の振り返りをしたいと思います。

私たち看護師というのはその昔、専門学校卒業者が大半を占めていました。
私の出た国立大学医学部付属看護学校も、その後短大となり、今や国立大学になってしまいました。
そう、短大に移行した時代はほんの短い期間で、4年生大学が急激に増えたのです。
なんともうらやましい。

で、私のような者が大学院を受験したい場合、次の3通りの方法があります。

1.大学の3年に編入して卒業する(2年間)
2.1年間で大学卒業と同等の単位を修得し、学位授与試験を受ける
3.大学院で出願資格認定を受ける(0年)

私は、はじめ3を選びました。
この出願資格認定の基準は、大学院によってさまざまで、なかにはTOEICの一定の点数が求められるものもありました。それならラッキーなのですが、私の希望する大学院は研究論文審査。
過去に行った研究の論文を提出したわけですが、なんてったって古い。
今のように倫理的配慮もない時代でした。
雑誌に投稿したわけでもなく、学会発表もしていません。

みごと不合格になったのが、おととしの秋。
この大学の審査は論文以外ないので、あとは学位を取るしか道はありませんでした。

そこで、22年の10月から1年間の予定で放送大学の選科履修生になり、不足分の31単位を履修することにしました。通信制大学はほかにも武蔵野大学や人間総合科学大学がありますが、23年の受験のためには学位申請を10月にしなければならず、秋季入学が可能な放送大学を選びました。

放送大学の資料を取り寄せてから、さて、どの科目を履修すれば学位申請ができるのかわかりません。
つまり自分にはどの科目が不足しているのかわからないのです。
何度も学位授与機構に電話したところ、不足分というよりも、看護学校時代と重なってもいいから、専門科目、関連科目から必要な単位数を履修しなければならないようでした。
この時、武蔵野大学などの学位申請講座を受講していれば、適切なアドバイスを受けることができ、もっとスムーズにいったのかもしれないと思いました。

放送大学を利用して学位申請する看護師は多いはずなのに、機構との連携はあまり取れていない印象を受けました。

まず、半期で11科目22単位分を履修することにしました。放送大学に問い合わせても「みなさん3,4科目ですかね」ということで、もしかして無謀なのかとも思いました。
でも、そんなことはなく、2月の単位修得試験に合格すると、4月からの履修申請をしました。
多分、専門科目も関連科目も十分に足りているだろうと思い、自分の興味のある、「失敗予防の住まい学」「日本文学の読み方」を選びました。これが、あとになって失敗と気付くのですが・・・。
必要な31単位より余分に36単位分履修したのですが、学位申請目的なら、絶対に専門科目、関連科目から選ぶべきでした。

それは、学位申請のための単位修得申告をするときに気付きました。
どの科目が専門科目か関連科目か、はたまたそれ以外なのか、ある程度はわかりますが、自分で考えて申告する必要のある科目もあります。
その点について機構は一切教えてくれません。専門科目と思って申告しても認められなければ、単位不足で落ちることもありうるのです。それなら、授業を選択する時にアドバイスが欲しい。だから、専門科目は多い方がいいに決まっているのです。

ちょっと長くなったので次回に。


スポンサーサイト

合格発表

来てしまいました。

運命の日が。

ひとり見に行く勇気がなく、旦那に一緒に行ってとお願いしたものの。

休みが取れず・・・。

私はというと、希望もしていないのに、仕事は休み。

どうしよう。

第一、定員よりはるかに多い出願者数だった今回。
たまたま、帰り一緒になった人と、ついてない年に受けてしまいましたね、
とくらーい会話をしていたっけ。

英語もむずかしかったし、専門科目も大事な大事な視点を入れるのを忘れた。
はっきりいって、穴があったら入りたいのに、見に行くのか?>私
でもね、もんもんとしていても仕方ないし。行くか。

駅から、とぼとぼと歩く。
学校は遠いんだよね。
正面玄関に張り出してあるとか。

あっ、誰かいた。
こんな小さな紙?

受験番号覚えてない。
でも、なっ、なんかうろ覚えの番号と似たような番号が。

どき、どき、どき。

受験票を探して・・・・

えーーーーーー、やっぱり。

合格????

ほんとに????

涙がじわーーーーーー。

やばい、帰りはスクールバスに乗りたいから、そんなことよりバス停に。

で、でも、ほんとか?
と、再び戻ると、もう一人のひとも戻ってくる?

「あ、どうでした?」
「だめでしたー」
「・・・・」

なんてまぬけなんだ、私。

その場にいられず、再びバス停に。
あっ、証拠写真を。

またまた戻って、写メでパチリ。

帰りのバスの中で、少しずつ実感がわいてきた私なのでした。

眠れナイト

がんばった会の夜、ねっ、眠れない。

なんで?疲れてるのに?2時に目が覚めてしまう。

翌日は、普通に出勤。

そして、その夜。

またもや、2時に覚醒^^;

この感覚、何かに似てる。

そうだ、出産後の覚醒状態。

疲れてるのに、興奮して眠れないって感じ。

危ない・・・。
合格発表まで続くのか?

入試当日

いよいよ、来てほしくない日が来てしまいました。

ここんとこ、眠れナイトだった私。

なのに、昨日はよく眠れ、今朝はお目覚めすっきり!

6:30 起床

   newsで英会話webを解く

   卵かけごはんとお味噌汁の朝食

7:00 念のため、面接の練習

7:52 電車に

   乗換時、扉に挟まれ、「発車間際の駆け込み電車は危険です」とア
   ナウンスされてしまい、動揺。

8:00 駅到着。タクシーが2台いることを確認し、ミスドでお茶しつつ面接
    の練習

8:30 タクシー乗り場に1台もないことに気付き、あせる。

8:40 タクシー1台到着。無事試験会場へ。

    まだ早いので、食堂で待機。

9:00 教室へ移動。説明など、もろもろ。
    緊張感早くも100%

10:00 英語開始 緊張感120%
 
11:00 英語終了。緊張のあまり、頭に入らず、鉛筆を持つ手が震えたー
    ーーー。
    感想:難しかった

11:30 志望別看護学開始

12:30 終了。
    統計処理した表から読みとれることは書けたけど、これも時間が
    なく、考察に大事な視点を入れるのを忘れたことに後から気付き、
    愕然とする。

12:30 休憩 脱力

13:30 面接開始。
    自分の時間は、なんと16:10と知り、待ち時間の長さに呆然。

    待つ間、ひたすら面接の練習。

    周りは、寝ている人多し!!!

16:05 待機のため、廊下に呼ばれる。
    緊張あまりせず。待ちくたびれたせいか(苦笑)

16:10 面接開始

    志望動機を1~2分で。と言われたのに、5分くらいドドドドーーーー
    ーっとしゃべってしまった。

    あとは、研究計画書について突っ込む突っ込む。
    途中で、時間がないから、「まぁ、これから詰めましょう」みたいに
    言われる。

    「仕事と学業の両立は可能ですか?」と聞かれ、カリキュラムがわ
    からないと何とも言えませんが、がんばります!と、精神論で乗り
切ってしまった。


駅まで、他の専攻の人と話しながら歩く。落ちたらどうしようね。と、いいながら。

17:00すぎ、家族と名古屋駅で待ち合わせ。

「どうだった?」
「むずかしくて、時間がなくて全然ダメ」を繰り返す。

居酒屋にて家族で忘年会!かんぱーい


長かった一日が終わった。

でも、これから詰めよう、とか、これからってあるのかな。
両立も、これだけ聞かれるってことは、きびしいってことだよね。

とにかく、明日も仕事。早く寝よう。

あと一週間

受験まで残すところ1週間となりました。

心配していた学位授与申請受理照明が、出願期間の前に届き、無事出願。

先日、学位授与機構、大学院の2か所から受験票が送られてきました。


「じゅ、受験票~


去年はこれすら手にすることができなかったので、これだけで感動!

いやいや、これからが本番なのに。まだ早いわー

とにかく毎日仕事帰りに図書館にG0!

ようやく過去問解き終わりました←おそっ!

あとはひたすら論文をよんでるのと、今日は震災によるPTSDの本を何冊も借りてきました。
これは、英語&面接対策です。
それと、週間STを毎日。
面接対策は、志望動機、研究計画書の内容、卒後の進路希望などなど・・・

覚えようとしている専門用語は、「アドヒアランス」「アドボカシー」「レジリエンス」「エンパワーメント」「セルフエフィカシー」


いつから、こんなの英語が増えたのーーーー。
日本人だから日本語にしようよ。



| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。