最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

pipy!

Author:pipy!
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学位記届く

大学院の合格発表から2カ月。

学位授与試験からも2カ月。

大学院には入学金を払い込み、学位が取得できなければ入学は白紙になるといわれ。

この宙ぶらりんな状況がなんとも辛く、また発表前の1週間はどきどきしてました。

なんてったて、郵送でしか結果を知る手だてがないので。

それも、送られてきた封筒を見れば合否が一目瞭然とか。
つまり、合格者には学位記が入っているため分厚い封筒。
不合格だと薄っぺらい。。。。

東京から発送されるため、発送翌日は届かず。
その翌日、仕事から帰ってくると不在票が・・・。

19~21時の発送なら可能とのこと。
もー、どっきんどっきん。

20:00 「ピンポーン」

「取りに行ってきて」と、子どもに頼む情けない母。

持ってきた封筒。な、なんか分厚いかも。

開けたら、合格通知と学位記が入っていました。

すると、「よかったねーーーー。」と、あかりんが泣き出す。

続けて、空気を読んだように、末っ子のちゅー平が泣き出した。

思わず笑えたけど、私は泣き損ね。なんか、立場逆で情けない母の気分。

よかったー。これで入学できるーーーー。

ようやくスタートラインに立てたばかりだけど、とりあえず今は喜ぼう。
スポンサーサイト

学位授与試験

大学院の合格に浸る暇もなく、今度は学位授与試験です。

というか、順番が逆だってば。

先に、大学院に合格しちゃうなんて、これで学位が取れなけれな白紙・・・。

絶対に落とすわけにはいかないのです。


しかーし、会場は東京。
まずは、間違いなく、会場に辿り着くこと。

東京駅から、中央線に乗り換えて国分寺まで。
そっから、またまた乗換えて一橋学園まで。
ふー、たどり着けた。
でも、開場まで1時間以上もあり、外で待機。晴れでよかった。

そして、開場。
それにしても、すごい人。

試験問題は2問。1時間半、書きまくりました。

問題は、失念^^;

結構難しかったです。

終わってから、急いで東京駅へ。

丸ビルのレストランで、プチ同窓会。
高校の友達6人が集まりました。

終電1本前に乗りました。

これで、本当に私の長かった受験が終わりました。

放送大学終了から学位授与審査申請まで

本当にひさしぶりの更新です。

ちゃんと、生きています(笑)

放送大学の後期は7科目、14単位を履修し、単位認定試験も一科目BあとはAか得Aで合格しました。

失敗したのは、今回「日本文学の読み方」「失敗予防の住まい学」など、興味はあるけど専門と関係のないものをいっぱいとってしまい、勉強が大変だったこと、それから、学位授与申請のためにも専門科目をもっと取っておくべきだったと思いますた。

たぶん、単位は足りていると思うのですが、正直申請書類作成時にかなりあせりました(苦笑)

学位授与申請には、専門学校3年で修得した単位に大学で積み上げた31単位をあわせ、それに学修成果と呼ばれるA4用紙で10~17枚(12,000~20,000字)の看護学に関するレポートを作成し、各種書類とともに提出します。

まず、面倒なのが専攻に係る授業科目の区分ごとに修得した授業科目名や単位数等を自分で入力しなければならない点です。各位授与機構は、どの科目が専門科目か、関連科目か、専攻に係る単位以外の単位かは教えてくれません。大学だってそうです。放送大学は、学位授与機構と結構かかわっているはずなのに、連携はいまいちなのです。
正直、ここで間違えるとせっかく取った単位が水の泡になることになるのです。
ちょっと、アドバイスくらいしてほしいものです。


それから、最大の難関はレポートです。看護学に関するといわれても、テーマ決めに本当に時間がかかりました。
夏の間はこれにかかりきりで、受験勉強どころではなく、大変でした。
結局、参考文献を11文献読み、15枚のレポートを書きました。
みんな、ここで挫折する人が多いというのもうなづける気がしました。
でも、私の場合、目的は次にあるのですから、これを避けて通るわけにはいきません。

そんなこんなで、10月はじめに学位授与申請を無事済ませることができました。

次は、学位授与試験が12月にあり、合格すれば学位が授与されます。
あと一息、でも落ちるわけにはいかないので、気を引き締めてガンバです。

レポート提出

7教科のレポート、締め切りぎりぎりで提出しました。


失敗予防の住まい学。



むっ、難しい。

今回は、試験日程の関係と、実際に役立つかな?と医療系からはずれたのものとってみたのだけど、


単位落としたら元も子もない。。。。。っつーの!!!

単位認定試験結果

単位認定試験の結果がネットで公開されていました。

ダメだと思っていた少子化時代の児童福祉はぎりぎり 

地域福祉の展開は B が取れただけでもよかった。

あとは9教科   (95-100点)ですよ

よかったー。ほっとしました。
これで、今期22単位ゲットです。

来期は9単位のみ。
その分、卒論に該当するレポートと受験勉強に費やします。

【共通科目】
[一般科目]
(自然系)
疾病の成立と回復促進(’05) 2 Ⓐ

【専門科目】
[生活と福祉]
在宅看護論(’04) 2       Ⓐ
がんの健康科学(’06) 2    Ⓐ
少子化時代の児童福祉(’07) 2 C
食品の安全性を考える(’08) 2 Ⓐ
感染症と生体防御(’08) 2   Ⓐ
障がいと共に暮らす(’09) 2   Ⓐ
アジアの社会福祉(’10) 2   Ⓐ
地域福祉の展開(’10) 2    B
看護学概説(’10) 2      Ⓐ
基礎看護学(’10) 2      Ⓐ  

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。